性行為が終わるのが早い人は女性にとって苦痛なのか

最近遅漏の反対のいわゆる早漏と呼ばれる男性が増えています。遅漏というのは女性にとってはもちろん辛いことであります。何故ならばいつまでも相手のペニスが自分の膣の中に入っているということで、擦れや痛み等の苦痛を感じてきてしまいますし、疲れも段々と溜まってくるからです。しかし遅漏の逆の早漏、いわゆる性行為が終わってしまうのが異常に早い人というのも、女性にとっては苦痛を感じることが多いのです。何事もほどほどの中間が一番いいと言えます。
どうして女性は性行為が異常に早いということに対して苦痛を感じるのでしょうか。それは何と言っても、女性としてはまだまだ満足してもいないしオーガズムにも達していないというのに、それなのに相手の男性が既に先に射精してしまうということは、女性からしてみれば非常に覚めてしまうことなのであります。性行為をだらだらと行うのも女性にとっては苦痛に感じるものですが、早いのも満足できないので苦痛に感じるものなのですね。そのような場合に男性は一体どのようにして対処していき、女性の機嫌を直していけばいいのでしょうか。まず早漏の男性であっても、数分間休憩することでまた再び勃起が始まり、再び挿入することが出来るようになります。その時をまずはひたすら待った上で、再び女性と再チャレンジするようにしたらいいのです。一般的には一度射精を終えた後の挿入というのは、第一回目の挿入よりも長く続けることが出来るはずです。今度こそは少しでも長く挿入して女性を満足させてあげるのだとの気持ちで頑張れば、きっと女性も喜ぶことは間違いないでしょう。性行為においてはお互いが思いやりを持って接することが、何よりも大切なことなのであります。