女性は意外と性行為中に演技疲れをしている方も多い

男女の関係性においては、性行為という問題は避けては通れないもので、性格面の相性もさることながら、身体の相性を重視する人も多く、それは特に女性に多いといわれています。
女性には男性のように、射精という明確な着地点がないので、愛する人との肌の触れ合いや言葉で満足感を感じることが多く、性行為中には意外と冷静に相手を見ていることも珍しくはありません。
その為、時には満足をしているふりをしなければならないこともあり、演技疲れを感じている方も少なくはないようです。
女性の身体や気持ちは、様々な要因によって非常に揺らぎやすく、心から安心できる相手と、いつもと同じパターンで性行為を行っていても、まったくなにも感じないこともあります。
生理周期などの関係でホルモンバランスが崩れているときなどは、大好きな相手であっても、触れられるのも嫌になってしまうこともありますが、そういった言葉や態度を示すのは、やはり男性をとても傷つけてしまうことなので、男性からのアプローチは何とか受け入れようとすると、どうしても演技疲れを感じてしまうこともあるのです。
男性の心理としては、やはり大好きな女性には、自分と同じように気持ちよいという感情にさせてあげたいと思うものなので、女性側の反応を確かめようとする方も多く、そのような場合は、出来るだけ早く性行為を終わらせるためにも、演技をする女性は意外とたくさんおり、最終的には演技疲れを感じる触れ合いとなってしまうこともあるのです。
しかしそれは女性に取って不満となっているということではなく、愛する男性から体を求められることは、女としての幸せであり、心が満たされることにもつながっているので、演技をしていても、肌が触れ合えるということはとてもうれしいことなのです