ED・早漏で悩んでいる男性の割合

私達が住んでいる日本にED・早漏で悩む男性割合を知っていますか。
40代ですら5人に1人、50代で2人に1人、6代で3人に2人が悩んでいます。
勃起が衰えることは恥ずかしいことだと思っている方が多いため、その悩みを口にすることは少ないですが悩んでいる人はこのように多いということがわかります。
つまり誰だってなる可能性はあるのです。
高血圧・動脈硬化などの病気とお同じように40代を越える中高年男性ならなってもおかしくないんです。
ではEDの患者はどのくらいいるのでしょうか。
なんとその患者数は1130万人です。
成人男性の5人に1人はED患者となりますのでかなりの割合といえるでしょう。
ただしこの調査は古く1988年のデータになります。

治療薬としてスーパーPフォースがあります。
この製品の詳細はシルデナフィルのインドジェネリックです。
バイアグラと同成分、シルデナフィルに早漏防止成分ダポセチンが配合されています。
特徴としてはPDE5阻害剤という分類のED治療薬となります。
PDE5はサイクリックGMPの分解を抑制する酵素です。
サイクリックGMPの抑制作用によって血管拡張をさせることにより勃起改善効果を発現します。
副作用として頭痛・腹痛・のぼせ感などがあります。
服用は成人男性だけに限ります。
また65歳以上の方で中程度の肝障害がある方は注意が必要です。
またグレープフルーツとの併用は副作用のリスクを高めます。

ポゼットもインドで開発されたED治療薬のジェネリックです。
脳内の興奮に関係するセロトニンを高めることで性感に敏感になりすぎている脳を沈め射精までの時間3から4倍延長させます。
服用した半数以上の人がその優れた効果に満足しています。

■早速スーパーPフォースを使いたくなった方はこちら

スーパーPフォースでEDと早漏を同時に直す